MooG Games
ゲーム一覧

タユタマ-kiss on my Deity-

タユタマ-kiss on my Deity-

タユタマ-kiss on my Deity-

作品概要

主人公・泉戸裕理は八衢神社の一人息子。
バイクや、自動車いじりが好きで、一級整備士か設計開発の仕事に就きたいと考えているが、実家である
神社のことでも迷っていて、明確な目標にはなっていない。
定まらない将来に漠たる不安を抱きながらも、友人の河合アメリや要三九郎らと共に、創聖学園での学生生活を謳歌していた。

そんな彼が最上級生になる直前、春休みのこと。
学院で行われていたグラウンド拡張工事の際、奇妙な遺跡が出土する。
偶然その場に居合わせた裕理は一人、全く違う方向で遺跡に興味を抱く。
実家の神社でしか見たことのなかった一風変わった文様が刻まれていたのだ。

八衢神社には「たゆたゆ様」と呼ばれる神様の伝説があった。
それは周辺地域一帯の守護神だが、粗末に扱えばとんでもない災いをもたらすというもの。
出土した遺跡にも「太転依(たゆたい)」と読める文字が彫り込まれている。
さらに、遺跡一帯で飛び回る小さな小さな物の怪までも発見してしまう。

裕理、アメリ、三九郎は、出土した遺跡の扱いを間違えれば大変なことになるのではないかと危惧するも、神主の父親ですら迷信だと一蹴、担任教師や学院の理事なども取り合ってくれない。

やがて、遺跡に対する科学鑑定の結果が出る。
「学術的には無価値」
破壊するか移転するかについての結論は検討の余地を残していたが、工事は続行されることになった。
新学期の始まりまでにグラウンドの拡張工事は終了するというスケジュールは不変。

これに危機感を覚えた裕理は夜、アメリや三九郎と共にひそかに学院に忍び込み御魂移しを行おうとする。
仮に遺跡が破壊されても、そこに宿る神様には失礼のないようにという神社の一人息子らしい発想だった。

しかしこの儀式によって、本当に神様らしきものが現れてしまう。
その崇高な佇まいに威厳すら感じさせるそれは、古めかしい口調で裕理に滔々と語り始める。
この地に封じられた、太転依(たゆたい)という物の怪たちの物語を――。

そして迎えた、始業式の日。
あの夜、学校に忍び込んでいたことについてフローレスの生徒会長・如月美冬に追及されながら、裕理は昨夜の不思議な出来事を気に掛けていた。
そんな彼の前に、同じ年頃の女の子が現れる。
戸惑う裕理に、彼女がいきなり言い放つ――。

「さあ、五百年越しの夢を叶える時です!人間と太転依が共存できる新しい世の中を“私たち夫婦で”切り開きましょう!」

その彼女「ましろ」の登場により、風雲急を告げる裕理の学園生活。
幼馴染のアメリは嫉妬で拗ねてごねまくり、三九郎は何の役にも立ってくれない。
妹同然に育ったはずのゆみなには、ましろとの仲を誤解されて嫌われて、美冬には猜疑心満載の視線を向けられ追い掛け回される。
そして当のましろは空気も読まずにベタベタしっぱなし。
彼女は一体何者なのか? そもそも太転依って何なんだ? 泉戸裕理の明日はどっちだ!

...続きを見る

キャラクター紹介(タユタマシリーズ)

参加作品紹介